コンビのチャイルドシートは新生児が苦しそう?ザエス(THE S)のメリット・デメリット

コンビのチャイルドシートは新生児が苦しそう?ザエス(THE S)のメリット・デメリット
本サイトは記事内に広告が含まれる場合があります。

こんにちは、かたさんちのまやです。

「コンビのザエスを買おうか悩んでいる」
「コンビのチャイルドシートは苦しそうって口コミを見て心配」

そんな疑問をもつあなた向けに、本記事ではコンビのザエスを実際に使用した本音レビューを紹介します。

まや
まや

多少デメリットはあるものの、我が家はザエスのおかげで、赤ちゃんの快適さはもちろん親もストレスフリーで過ごすことができています。

「大切な赤ちゃんを乗せるシートだからこそ、不安があるまま使いたくない」

という方のためにも、メリットデメリットを正直に紹介しているので、購入を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

>>コンビチャイルドシートをお得に安く買う方法はこちら

ゼクシィBaby口コミランキング
6年連続1位受賞中のコンビ最新モデル!

\   商品詳細はこちら   /

コンビ ザエス(THE S)がおすすめな人

ひらめく女性

チャイルドシートは決して安くはない買い物なので、

「できれば失敗したくない!」

と思う人がほとんどですよね。

まや
まや

もちろんわたしもそう考えた一人です。

そこでメリットデメリットを紹介する前に、コンビザエスを1年以上使用して、

・特におすすめな人
・イマイチかもしれない人

を先に紹介します。

コンビザエスが
おすすめなのはこんな人
  • 新生児から長く使えるチャイルドシートがいい
  • 車への取り付けを楽にしたい
  • 赤ちゃんの乗せおろしを楽にしたい
  • 女性1人でも持ち運べるチャイルドシートがほしい
  • 手入れは洗濯機で楽に済ませたい
こんな人にはイマイチかも…

操作性や便利さ重視の人には特におすすめなので、当てはまる方はぜひ最後までチェックして参考にしてみてくださいね。

Amazon総合評価★4.5!
\ 安心安全のチャイルドシートなら /

コンビ ザエス(THE S)のデメリット

sad

どんな商品を買う場合でも、マイナスな点が1番気になりますよね。

わたしがコンビのザエスを実際に使用をして感じたデメリットは、以下の点です。

ザエスを使って感じたデメリット
  • 新生児のころは苦しそうに見える
  • 1番低くしてもフラットではない
  • リクライニングの段階が少しわかりにくい
まや
まや

ただ、これらのデメリットにはちゃんと理由があり、問題がないことがわかったのでそれぞれ詳しく紹介します。

コンビ ザエスのデメリット①:新生児のころは苦しそうに見える

コンビのチャイルドシートの口コミで

「コンビ チャイルドシート 新生児 苦しそう」

という声を見て、気になったという方も多いのではないでしょうか。

まや
まや

SNSでも「苦しそうに見えるけど大丈夫?」という声がチラホラ…

実際に使用していても、新生児期間は確かに首元がぎゅっとして見えるため「少し苦しそう…」と感じることがありました。

ただこの件に関しては、コンビの公式サイトでも解説があり、以下の通り問題がないと断言されています。

Q.新生児を『チャイルドシート』に乗せると苦しそうに見えますが、大丈夫でしょうか?

A.問題ありません。

座っているようなチャイルドシートは、お母さんに抱っこされているときの赤ちゃんの身体の角度を採用しています。安全で医学的にも安心できる後向き装着のチャイルドシートの形は、弊社では「だっこ型」と呼んでいます。

背もたれの角度は45度前後にして取り付けるため、お腹を圧迫することがなく呼吸を妨げることもありません。
また、45度前後に取り付けることで、頭部から背中にかけて体重を支え、万一の衝突の際に背中全体で衝撃を分散して受け止めるため、もしものときにも安全な形です

コンビ公式サイトより引用

要約すると、もしものときの衝撃を分散するために、わざとこの角度を採用しているとのこと。

つまり、側から見ると赤ちゃんが少し苦しそうに見えても、赤ちゃんにとっては快適で安全な作りになっているので心配いらないということですね。

まや
まや

確かに我が子も乗っていて苦しそうで泣き出すことはなく、むしろすやすや寝てくれていました。

とはいえ、

「とはいえやっぱり気になる…」

という場合は、ハンドタオルなどを挟んであげると少し改善されるので試してみてください。

ちなみに、わたしが気になったのは最初のうちだけで、首が座り始めたころには全く気にならなくなりました。

安心安全だから人気!
\ 詳しい詳細はこちら /

コンビ ザエスのデメリット②:1番低くしてもフラットにならない

コンビのザエスは、一番低くした場合でも多少の角度があるため

「もう少しフラットになってほしいかも…」

と感じることも。

シートを取り付ける
実際に1番下までさげた状態
まや
まや

先に記載した苦しそうに見えるというのも、もう少しフラットになれば改善されるのではという印象が…

ただチャイルドシートの角度についても、コンビの公式サイトで以下のような説明があります。

Q.『THE S ISOFIX』を新生児に使用したいのですが、リクライニングを一番倒しても寝かせたような平らの状態になりません。

A.『THE S』を含むコンビのチャイルドシートは、全て背の角度がついたものを採用しています。

その中でも『THE S』は、安全の範囲で可能な限りリクライニングができて、さらに新生児用インナークッションを使用した場合の内角が150°以上寝かせられる構造になっていますが、リクライニングを一番寝かせても、フルフラットの状態にすることはできません。

角度をつけている理由は、骨格が未発達な赤ちゃんが一番危険な正面衝突に遭った際、背中全体の広い面積で衝撃を分散して受け止めることができるためです。

背の角度がついた状態で装着していると、衝撃の分散だけではなく、腹式呼吸も妨げないとされています。背もたれを倒して寝かせすぎると、衝撃は肩ベルトだけに集中してかかってしまいます。

体重10kg未満の赤ちゃんは骨も未熟でやわらかいため、衝撃を受け止められないだけではなく、ベルトから体が抜け出してしまうことがあり大変危険です。

コンビ公式サイトより引用

つまり、チャイルドシートを倒しすぎると、万一の衝撃を分散することができずとても危険なため、

より赤ちゃんを安全に守るためにあえてフルフラットにはしていない

という、安全を考慮した上での仕様になります。

まや
まや

安全を考えられている設計の結果と思うと、安心して乗せることができますね。

また、中には

フラットじゃないから赤ちゃんが安心して乗ってくれる

という声も。

「そうはいってもやっぱりフラットになるほうがいいかな…」

という方には、よりフラットになるアップリカのフラディアグロウもおすすめなので、こちらもチェックしてみてください。

\ポイント最大9倍!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

コンビ ザエスのデメリット③:リクライニングの段階がわかりずらい

ザエスは、リクライニングが5段階で調整ができます。


画像:楽天市場

ですが、実際に動かしてみると一気に1→5まで動いてしまい、リクライニングの段階の違いがわかりにくいと感じました。

この件について、コンビ公式サイトのチャットサポートで確認したところ、

  • リクライニング操作の際、勢いをつけると間の角度を飛ばしてしまう。
  • 一番起こした状態または一番寝かせた状態で、本体が少し動いたらすぐにリクライニングレバーから手を離すと5段階の角度を確認できる

との返答がありました。

まや
まや

赤ちゃんに合わせた構造になっているので、1つ1つの間隔が結構せまい作りということですね。

我が家はあまり細かく調整をしたことがないのですが、細かい角度調整をしたい場合は少しコツがいる印象です。

高い買い物こそかしこくお得に♪
\ チャイルドシートを安く買うなら /

コンビ ザエス(THE S)のメリット

Inspiration

ここまで、気になる点をいくつか紹介してきましたが、そのデメリットを超えるメリットもたくさん!

コンビザエスを使用することで、チャイルドシート生活の中でも以下のようなメリットがあります。

  • 子どもの乗せおろしの負担が少ない
  • 操作しやすく親もストレスフリー
  • 車への取り付け・付け替えが楽
  • 長く使えるからお財布にも嬉しい
  • 洗濯機が使えるから洗浄も楽

子どもの乗せおろしの負担が少ない

コンビザエスはシート部分を360度回転させることができ、左右どちらからでもシートを正面に赤ちゃんを乗せてあげることができます。

シートを正面に向けられることで、親の負担も少なく乗せ下ろしもスムーズに行うことができますよ。

まや
まや

狭い駐車場などチャイルドシート側の扉が開けない場合など、場所に合わせて乗せおろしができるのはとても楽で助かっています。

さらに、専用のシートホルダーをつかえば、チャイルドシートごと家に連れて行き、寝ている赤ちゃんを起こすことなく寝かせておくことも。


リンク先:楽天市場

チャイルドシートから下ろすときはまだしも、布団に降ろした瞬間に起きてしまう赤ちゃんは多いですよね。

そんな背中スイッチも作動させることなく家に連れて行くことができるのは、とても大きなメリットです。

赤ちゃんの乗せ下ろしの
\ 負担が少ないシートなら /

操作しやすく親もストレスフリー

どんなに便利な機能がついていても、操作が難しかったら困りますよね。

でも、実際にコンビのザエス使用をしていて、難しいと感じた操作は一切ありません。

むしろどの操作もとても簡単なので、ストレスフリーで使用することができています。

まや
まや

日々使うものだからこそ、操作性の高さはとても大事ですよ。

例えばシートを回転させたい場合も、座面の下のレバーを握るだけで回すことができ、1年以上使用していてもつっかえることは一切ありません。

回転も楽々

また、軽々と回ってくれるので、片手に赤ちゃんを抱っこしていても問題なく操作ができます。

他にも、シートと土台の取り外しも持ち手部分のレバーを握るだけととても簡単◎


リンク先:楽天市場

そのため

「簡単で操作しやすいシートがいい」

という人には特におすすめです。

楽々操作でストレスフリーに
\  使いたい人向け  /

車への取り付け・付け替えが楽

「チャイルドシートなんてつけたことないし、取り付け難しそう…」

と心配に思っている方もいるのではないでしょうか。

まや
まや

しっかりつけられていないと安全面も心配になってしまいますよね。

そんな方にこそ、おすすめしたいのがこのザエスです。

ザエスはチャイルドシートと土台を取り外すことができるセパレート構造になっています。

取り外した状態

セパレートになることで

  • 重さが半分ずつになるから、持ち運びが楽
  • 土台だけでつけられるので、設置位置を確認しながら取り付けることができる。

といったような、取り付けを楽にしてくれるメリットがあります。

まや
まや

一式では10kg以上となかなかの重さとサイズですが、別々にすることで女性でも簡単に持ち運やすくなりますよ。

そのため、ご家庭の車に取り付けやすいのはもちろん、実家など別の車への付け替えもそこまで苦でなく行うことができています。

ちなみに、わたしが義実家にお世話になって時もお義父さんが、

「簡単だから俺が付け替えておくよ!」

と言って、ものの数分で付け替えをしてくれました。

取り付けも
\ 楽に済ませたい人向け /

1台で長く使えるからお財布にも嬉しい

チャイルドシートは決して安くない買い物であるからこそ、

「できる限り長く使いたい」

と考える人がほとんどではないでしょうか。

まや
まや

我が家もシート選びの際に対象年齢は重視していました。

チャイルドシートは、

・乳児用(〜15ヶ月ごろ)
・幼児用(12ヶ月〜4歳ごろ)
・学童用(4歳〜)

といったように、子どもの月齢や体格に合わせてタイプを変えていく必要があります。

でもコンビのザエスの対象年齢は、新生児期〜4歳ごろまで使用できるので、乳幼児期間を長く使うことができます。

まや
まや

4歳ごろからはジュニアシートに切り替えるタイミングでもあるので、チャイルドシート期間を1台で完結できるのは嬉しいですね。

個別ではお金がかかるのはもちろん、場所もとるものなので、お財布的にも・収納スペース的にもありがたい1台です。

チャイルドシートを
\ 1台で済ませるなら /

洗濯機が使えるから洗浄も楽

赤ちゃんは汗っかきやお漏らしなどで汚れがつきもの。

そんな時もシートを洗濯機で丸洗いできるので、衛生的に保つことができます。


リンク先:楽天市場
まや
まや

大きい方のお漏らしで見事にチャイルドシートを汚したことがありますが、洗濯できるシートでよかったと心から感じました。

また、夏場は特にチャイルドシート内はこもるので、冷房を入れていても汗をかいてしまう場合も。

そのため、頻繁に洗浄する可能性も考えると、手洗いだけではなく洗濯機で洗えるのは家事ストレスの削減にもなりますよ。

チャイルドシートも
\  清潔に保ちたい人向け  /

コンビ ザエス(THE S)の良い口コミ

いい口コミ

コンビザエスのいい口コミでは

値段高いけど安心感はかなりある

座面だけ取り外しできて、シート付け外しも慣れればめっちゃ簡単

夏の車内が暑くなった時にシートだけ家に置いておくことで、乗せる際に熱い思いをさせずに済む

台座部分からシート部分が取り外せるので、設置がしやすい。他社製の同等品と比べて、サイズ感はややコンパクトです。

といったように、

「取り外しができて取り付けが楽」

という声がたくさん見受けられました。

まや
まや

夏場はシートを冷房の中に置いておけるのも、赤ちゃんの快適さを保つことができていいですね。

>>口コミをもっと見る

コンビ ザエス(THE S)の悪い口コミ

よくない口コミ

コンビザエスの気になる点があったという口コミでは、

コンビザエスのデメリットといえば、リクライニングがあんまり倒れないことかな…

チャイルドシート自体はかなりいいものだけど、新生児〜首が座るまでは、首が可哀想。座席の部分が水平じゃない車には向いていない

取り外しは楽ですが肩ベルトの調整がしにくいのが残念

といったように、やはり

「フラットにならないから、新生児の首が心配」

という声がちらほら見受けられました。

まや
まや

わたしはあまり気にならなかったのですが、ベルトの調整が難しいという声もあるようです。

>>口コミをもっと見る

コンビ ザエス(THE S)のメリットデメリットまとめ

リスト

最後に、今回紹介したメリットデメリットを改めてまとめていきます。

メリット
  • 360度回転するから乗せおろしが楽
  • セパレート式で車への取り付けが楽
  • 新生児期から長く使える
  • シートカバーを洗濯機で丸洗いできる
  • 見た目がシンプルでおしゃれ
デメリット
  • 新生児のころは苦しそうに見える
    赤ちゃんを万一の衝撃から守るための仕様であり、問題ない
  • 1番低くしてもフラットではない
    →赤ちゃんを守るための仕様であり問題ないが、気になる場合はアップリカのフラディアグロウもおすすめ
  • リクライニングの段階が少しわかりにくい
    →コツはいるが、赤ちゃんに合わせてより細かい微調整が可能な仕様

ザエスにもたしかにデメリットはありますが、どれも赤ちゃんを守るための仕様であり、安心安全に利用することができるチャイルドシートです。

なによりわたしはザエスを選んだことで、使い心地のよさと便利さから、赤ちゃんの快適さはもちろん親もストレスフリーで過ごすことができています。

今回紹介した内容を参考に、ぜひ検討してみてくださいね。

>>コンビのチャイルドシートを安く買う方法はこちら

Amazon総合評価★4.5!
\ 安心安全のチャイルドシートなら /

コンビ ザエス(THE S)のスペック

THE S R129 ZE
スタンダードモデル
THE S plus R129 ZE
プレミアムモデル
商品サイズ後向き時:W440×D680~810×H630~740mm
前向き時:W440×D670×H650~825mm
(サポートレッグ・コネクター含まず)
後向き時:W440×D680~810×H630~740mm
前向き時:W440×D670×H650~825mm
(サポートレッグ・コネクター含まず)
型式ZE(2023年販売モデル)ZE(2023年販売モデル)
重量13.8kg13.9kg
対象月齢新生児~4才頃
(身長40cm~105cmまで)
新生児~4才頃
(身長40cm~105cmまで)
使用期間後向き:身長40cm~105cmまで
前向き:身長76cmかつ月齢15カ月以上~105cmまで
※19.0kgを超える場合は使用不可
後向き:身長40cm~105cmまで
前向き:身長76cmかつ月齢15カ月以上~105cmまで
※19.0kgを超える場合は使用不可
カラーグレー
ネイビー
レザーブラック(公式限定カラー)
ブラック
安全基準UN R129/03 適合UN R129/03 適合
Amazon
楽天
Yahoo
Amazon 楽天
Yahoo

上記のZEシリーズ以外にも、2022年販売のZDシリーズや、2021年販売のZCシリーズもあるのでこちらもチェックしてみてください。

ZDシリーズ

ZCシリーズ

まとめ

以上、コンビのザエスのメリットデメリットと口コミの紹介でした。

チャイルドシートは育児用品の中でも高額な買い物になるので、買ってから

「想像と違った…」

となるのは辛いですよね。

本記事で紹介した内容が少しでも購入時の参考になれば幸いです。

まや
まや

車生活には必須のチャイルドシートなので、各ご家庭に合った商品を見つけてみてくださいね。

コンビ商品を
\安く買いたい人必見/

タイトルとURLをコピーしました